一般作業用・その他(カスタム)

ホーム > カスタム > 一般作業用・その他(カスタム) > 革胸前掛のヒヤリハット対策
2017/09/04 公開

革胸前掛のヒヤリハット対策

前掛の腰紐は結び目から残りの紐がぶら下がるため、巻き込み事故を起こす原因となります。

過去のヒヤリハット事例の対策をされたいとのことで、腰紐の巻き込み事故を起こさないために、紐を全てマジックテープに変えました。こうすることで、結び目から垂れ下がった紐による巻き込み事故は起こりません。

牛床革1枚で作られた前掛を使用するのが一般的なところ、このユーザー様は牛表革と二重にした前掛を使うことにより、切創事故等への対策もしっかり行っております。

牛表革と牛床革の二重構造の革胸前掛

紐部全体をマジックテープに変更することにより、巻き込み事故を未然に防ぐ対策をしています。

マジックテープの先端部分まで全て貼ることができるので、紐のように結び目から先端部分が垂れ下がることはありません。

関連記事

まずはお気軽にご相談ください 保護具に関するお問合せはこちらから