切創防止手袋(カスタム)

ホーム > カスタム > 切創防止手袋(カスタム) > 油防止加工で油の侵入を防ぐ
2017/08/26 公開

油防止加工で油の侵入を防ぐ

アラミド帆布に牛床革の補強、内部には長短合わせて42本の鎖を装備した切創防止用の2本指鎖入手袋。

作業工程において油の侵入があるとのことで、手袋の内部に薄いビニールレザーを入れることにより油防止対策を図っています。最終的には縫い目から僅かに染み込む油もガードするために、主要縫い目部分にニトリルゴムを塗布することにより油防止対策を強化しました。

油の侵入により手袋の内部が汚れてしまい、大切な保護具を捨ててしまうという話はよく聞きます。適切な対策をすることで、1双の手袋を長い期間使用できるようになるはずです。

親指とその他の指の先端にある白い部分がニトリルゴム

(アラミド帆布の内側にビニールレザーを装備しています)

縫い目部分からの油の侵入もニトリルゴムがガード

関連記事

まずはお気軽にご相談ください 保護具に関するお問合せはこちらから