一般作業用・その他(カスタム)

ホーム > カスタム > 一般作業用・その他(カスタム) > 手袋の寿命を延ばす補強
2017/08/23 公開

手袋の寿命を延ばす補強

「すぐに親指と人差し指の股部分が破れてしまい、他の箇所は新品同様なのに新しい手袋と交換しなければならない。」という相談をお客様よりよく受けます。カミキで行う定番の改良方法を3つご紹介します。

作業工程によっていつも同じところが破れてしまう場合は、このような補強を行うことによって飛躍的に手袋の寿命が延びます。もちろん手袋だけでなく、前掛などの保護具にも同様の改良を行うことが可能です。

 

①牛床革での補強

・補強に使う革の大きさであったり取り付ける位置は変更可能

指股部の補強②

②テクノ―ラ生地での補強

・①の白床革より強度の高いテクノ―ラを使用した補強

・革より薄いので装着した際に異物感も全くない

 

③表面に補強を出したくない場合

・補強するための白床革を手袋内部に隠す補強

関連記事

まずはお気軽にご相談ください 保護具に関するお問合せはこちらから