一般作業用・その他(カスタム)

ホーム > カスタム > 一般作業用・その他(カスタム) > 切創事故対策をした革の股割前掛
2017/10/25 公開

切創事故対策をした革の股割前掛

牛床革で作った前掛は火花にも強いのでグラインダー作業時に重宝します。しかしグラインダーはやはり危険で、前掛の破損だけでなく切創事故につながってしまうことも多く、切創事故を未然に防ぐための対策を行いたいユーザー様からの依頼です。

革で作った股割前掛(ローハイド)の、装着時右側ばかりグラインダーによる前掛破損が起きてしまうばかりか、下手したら足の切創事故につながりかねないようでした。

そこで裏地に革でポケットを取り付けました。

革が二重になるだけでも対策としては有効ですが、今回はこのポケットに硬い板状の物を入れることにより、グラインダーでの切創事故対策を行うことができるようにしております。

このポケット状の物を取り付ける改良は打撲防止対策でもよく行うことで、打撲に対する対策の時はこのポケットにスポンジなどの柔らかい素材を入れて対策をします。

 

 

関連記事

まずはお気軽にご相談ください 保護具に関するお問合せはこちらから