革手袋

ホーム > 製品について > 革手袋

革手袋のラインナップ

素材を吟味し、縫製法にも独自性を持たせ、耐久性、作業性の向上、低コスト化を実現しました。手の掌部と指部の継ぎを既存品と異なる接着縫製(特許)により、対象物を掴んだ時、指の付け根部に痛みを感じることはありません。

白コンビ

手の平等に牛床革(白)を使った船舶用手袋で、ワイヤーやロープ等の扱いなどに最適。

茶コンビ

手の平等で牛床革(茶)を使った船舶用手袋で、革の汚れは目立たないが、作業者の手の位置は目立つ革手袋。

赤コンビ

手の平に牛表革を使うことで更に柔軟性を高めた船舶用手袋。

コンビF (色指定不可)

強度の高い牛床革を使用した船舶用手袋で、革の端切れを利用することにより高品質低価格。

コンビ革手N型

指部の甲側まで牛床革(白)することによって、より強度を増した船舶用手袋。

ムサシ1号A (色指定不可)

手の平側は牛床革、甲側は牛表革を使用した作業用手袋で高耐久性。

ムサシ1号B

全面に国産の牛床革を使用し、汗対策用のネルを内部に取り付けた作業用革手袋。

ムサシ2号 (色指定不可)

柔軟性の高い牛表革と強度の高い牛表革をバランスよく使用した非常に耐久性の高いクレスト型手袋。

玄海8号A (色指定不可)

全面に強度の高い牛表革を使用した作業用手袋。

背縫

牛床革を全面に使用した一番基本的な作業用革手袋。

革手袋(大)

国産の牛表革を使用し、サイズも大きくした作業用手袋で、非常に強度・作業性が高い。

裏出手袋(袖長)

火や熱によって硬化する革手袋の難点を解消した溶接などの作業向け革手袋。約165mmの袖長タイプ。

ガス溶接用革手袋

牛床革を全面に使用した袖の長い溶接向き革手袋。
5本指タイプと3本指タイプあり。

電気溶接用革手袋

袖は牛床革で袖以外は牛表革を使用した袖の長い溶接向き革手袋。
5本指タイプと3本指タイプあり。

クレスト手袋

薄い表革を使い高作業性と強度を両立させたクレスト型手袋。
牛革と豚革製あり。

クレスト手袋(袖長)

薄い表革を使ったクレスト型手袋に袖を付けて安全性を高めた手袋。

>> 製品ラインナップに戻る
オーダー&カスタム紹介について 作業者を守る様々なカスタム事例をご紹介いたします。
まずはお気軽にご相談ください 保護具に関するお問い合わせはこちらから